CSRの考え方

茗渓コンサルタンツのCSRの考え方

持続可能な社会に向けて、私たちの理念を実践することそのものが当社のCSRであると位置づけ、活動を推進しています。理念に基づき従業員一人ひとりが社会やステークホルダーとのつながりの中でCSRを実践できるよう、CSRに関する基本的な考え方を以下のように定めています。

  • 理念の実践を通じ、社会や自然と共生し、持続可能な社会の実現に貢献します。

  • 社会課題の解決と新たな価値の創造に向けて、ステークホルダーの期待や要請を踏まえたCSR活動を積極的に推進します。

  • 人権尊重と高い倫理観に基づいて、公正・透明で誠実な事業活動をビジネスパートナーとともに遂行します。

CSR 4つの取り組み

私たちは企業理念に基づく活動の実践を通じて、社会的な責任を果たすとともに、持続可能な社会の実現を図りながらグローバルに成長する企業を目指して、革新と挑戦を続けてまいります。

(1) お客様・お取引先と快適さを目指して 

最高品質の商品・サービスでお客様に感動をお届けするために

お客様の声を広く企業活動に反映させるとともに、コンサルティングほかの品質の維持・向上に取り組んでいます。

(2) 自然との快適さを目指して 

限りある水資源や土壌環境を、次の世代に引き継ぐために

持続可能な豊かな地球環境を次世代に引き継ぐべく、「自然環境の保全・再生」「環境負荷低減」の2つの軸によってコンサルティングを行います。

(3) 社会との快適さを目指して 

地域に根ざした活動で、明るい未来を築くために

創業の精神「商は笑にして勝なり」に基づき、「環境保全」「里山保全」「地域活性化」など、時代を見つめた社会貢献活動に継続的に取り組んでいます。

(4) 従業員との快適さを目指して 

世界へと夢を広げる、多彩な人材を育てるために

「ダイバーシティ経営」を人事の基本方針とし、新たな価値創造に挑戦する「人材育成」と従業員一人ひとりが最大限に力を発揮する、創造性あふれる「職場環境づくり」を目指しています。