社会への取り組み

私たちの目指すもの

私たちの仕事は全国各地で情報を集めてくることで成り立っています。
頂いた情報を自らの仕事に利用する対価として、以下の取り組みを通じて社会に還元しています。

茗渓拡大ワークショップ
四半期ごとに開催しています
第1回
(2019年4月16日)
『ファッションやブームでは出来ない地方創生』
~今、地方活性化が必要なわけ~
第2回
(2019年7月11日)
『インバウンドの真面目な話』
~データから見た正直なトレンド~
第3回
(2019年10月23日)
『東京都心の近未来』
~リニア&鉄路の発達と品川界隈再開発からの予測、そして甲府・飯田・東濃は~
第4回
(2019年12月24日)
『空港コンセッションの成果』
~鉄道や水道への応用は~
第5回
(2020年2月18日)
『街じまい』と『コンパクトシティ』
~そして「地域活性化」~
第6回
新型コロナ感染症拡大により流会
第7回新型コロナ感染症拡大により流会
第8回
(2020年11月11日)
『ゼロリスク症候群と経済回帰』
~Withコロナの地域社会 何が変わるのか?~
第9回
(2021年2月16日)
地方における産業誘致最前線
~ヒト・モノ・カネはどう動いているか~
第10回
(2021年7月15日)
喝!看過できぬ日本経済の凋落
~コロナに負けるな "K字経済”への対応策を考える~
第11回 予定
(2021年11月24日)   
ウィズコロナ社会で輝ける街
~ヒト・モノ・カネ・情報を生み出す地方とは~