企業理念

目指すべき姿

「サステナブルな明日へ」

これは、私たち茗渓コンサルタンツが企業市民として、ステークホルダーや自然環境と交わすお約束です。
アカデミズムの風を身に纏いながらコンサルティングに取り組んだ結果は、お客様のみならず、お客様をつうじて様々なことに影響を及ぼしていきます。
そのときに、関係するもの全てが前よりも良くなって、環境にやさしく社会に活気を与えていくような効果をもたらすものでありたいと私たちは考えています。

企業や行政機関の「困った」を「良かった」に変え、その中で自然環境に負荷をかけないような取り組みを促していくこと。
「今だけ・カネだけ・自分だけ」という自利の思想ではなく、サステナブルで調和の取れた利他の施策を模索して提案を続けていくこと。
更に多くの「困った」を解消して「良かった」に変えていくために学びを絶やさず新しいことに果敢に挑み、
深化新化による進化を続けて新価を創造していくこと。

これら3つの約束の中に、私たちの使命や志、価値観を凝縮し、世の中と広く共有していきます。

私たちの使命

「ひと・まち・くらしの最適調和」

私たちはお客様に雇われることによって仕事を遂行しますが、お客様の望む答えのみを追求することによって、当初は良くても時間の経過とともに綻びが生じてしまい、誰にとっても好ましい結果とはならないというケースもあります。

私たちは視野を広く保ちながら偏ることのなくバランス感覚を絶やさないように心がけ、時にはクライアントへの厳しい一言も覚悟のうえで、持続性の高い提案を続けていくよう力を尽くします。

私たちの志

「都市空間を、もっと快適に。」

この言葉は、私たち自身を戒めるものでもあり、その先には「…するアイデアはないのか!?」という言葉が続きます。
経験則や慣れで仕事をしているとワンパターンに陥りがちで、本来その事案が持っている特徴や本当に喜ばれるアイデアが出ていないことがあります。
私たちはモノづくり屋ではないため知恵が商品であり、その知恵によってヒトやモノ、カネが動きます。

マンネリズムに陥らず、もっと簡単でスッキリしたオチ(落着地点)を探すため、私たちはアンテナを高くして最新情報を取り入れながら挑戦を続けます。

私たちの価値観

「商は笑にして勝なり」

大阪の船場商人が残した格言です。商家によって家訓は異なりますが、私たちは「『商』は『笑』にして『勝』なり、『笑』を『省』ずれば『商』は『小』なり、やがて『商』は『消』なり、『笑』を『昇』ずれば『商』は『勝』なり」という言葉を大切にしています。

私たちは、売り手と買い手の双方がにっこりと笑わないことには本当の意味での商売は成り立たず、どちらかが笑えない状態になれば、それは商人道として認められないと考えています。

「お客様に喜んで頂いてこそ商人は誇りを持てる」 これが、茗渓コンサルタンツ不変の価値観です。

剣なき秤は無力、秤なき剣は暴力

近代法学の祖、利益法学の父、ルドルフ・フォン・イェーリンク(Rudolf von Jhering)は著書「権利のための闘争(Der Kampf ums Recht)」で『権利は、単なる思想ではなく、生き生きとした力なのである。だからこそ、片手に権利を量るための秤を持つ正義の女神は、もう一方の手で権利を貫くための剣を握っているのだ。秤を伴わない剣は暴力を、剣を伴わない秤は権利の無力を意味する。』と述べています。

私たちは、これを知識と行動力に置き換えて考えており、一言挟むだけでマッチングフィーを貰おうとする昨今のコンサルタント会社の風潮から一線を画し、口だけや評論家を気取るのではなく責任をもって解決へのお供をすることを当然のことと考えています。

この言葉は、私たちの事業への取り組み姿勢を明確にする価値観として存在します。

企業理念の実現に向けて、私たちが行うすべての活動の基盤であり、私たちが社会に対して責任を果たし、信頼をいただくために、大切にしなければならない基本姿勢を定めています。